スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALI PROJECT TOUR2012 真偽贋作博覧会 in大阪公演Report

IG_0247.jpg

2012年9月15日なんばHatch公演セットリスト

01.贋作師
02.真偽贋者遊覧会
‐MC‐
03.蓮華幽恋
04.北京LOVERS
‐MC‐
05.凶夢伝染
06.亡國覚醒カタルシス
07.La vérité
‐MC‐
08.真夏の憂愁夫人
09.逝ける王女の肖像画
10.Arabesque Romanesque
11.ALICE同罪イノセント
12.聖少女領域
‐MC‐
13.野性双生児
14.地獄の季節
15.お毒味LADY
‐MC‐
16.未來のイヴ
17.暗黒サイケデリック
-Encore-
18.天譴と超克
19.RED WALTZ
‐MC‐
20.愛と誠

行ってまいりました、真偽贋作博覧会In大阪公演!
もうなんというか…以前に比べ記憶力が年々落ちているのをひしひしと感じているのですが(そのせいで最近レポちゃんと書けてないorz)
今回は頑張って書いてみようと思います。
いつも以上にぐだぐだ、曖昧になるのは目に見えているのですが、興味ある方は宜しければ読んでみてください(^o^≡^o^)


※Attention!※

◆前置き(?)にライヴが始まるまでの私の様子・心情などがあります。
 レポには全く差支えありませんので「邪魔だごらあ!しかも前置きなげぇ!!(((゚Д゚#)))」と思う方は
 どんどこ飛ばしてください。
◆MCやトーク等、一語一句まったく同じに書けているわけではありません。
 忘れてしまっているお話もありますのでそれは省いてます。
 あくまでも「こんな感じのことを言ってたよ」って感じです。私なりにアレンジもしてます。
 雰囲気だけでも感じていただければこれ幸い。
◆大阪公演に行かれた方は「あ、ここMCの位置違う」と思っても
 MC内容がなんとなくでもあっていたらそっと目を瞑ってください…(白目)
 そしてもし宜しければ、「このMCはここじゃなくてあっちじゃね?」と
 ご報告頂ければ完全犯罪のごとくひっそりこっそり、素知らぬ顔して記事を編集します(←…)
◆従来のレポを見ていただいていれば分かると思いますが、今回も非常に長いです。
 そして読みにくいですすみません。
◆同じく誤字も元気に活動中です。
 一応レポを上げる前に読み直してはいますがもう無理です、誤字には勝てません(←…)
 今回もおそらく負けていると思いますので、誤字はさらっとスルーでお願いします。
 あんまりにも意味不明でわけわかんない誤字があればご報告ください。

以上ご理解いただける方は続きからどうぞ!


博覧会モニター


14時30分頃会場に到着。ぷわずんツアーぶりのなんばHatch!
グッズ販売が15時からということでエスカレーターを上り、もうすでに出来ていたグッズを手に入れるべく列をなしている方々に私も加わる。
…まぁ並んだ直後に雷が鳴り始めて、一旦列から抜けて中に入ったのですが(^q^;){カミナリガチデコワイ
なんで皆さん雷なってる中外にいられるんですか!落ちますよ!!死にますよ!!!(←…)
幸いなことにグッズ販売が始まった15時には雷も止んで再び列へ。
一時間くらい並んでほしいものは無事ゲット。戦利品は後程紹介。
開場までに1時間ほどあり、会場にコインロッカーあったのにも関わらずあまりにも暇だったので、一旦駅に戻って
駅のコインロッカーに戦利品を入れ、会場に行く途中にあった本屋で時間を潰し、いい頃合いになったので再び会場へ。
今回チケットに記されていた番号は200番代後半。番号順(といってもいつものごとく大雑把な番号順でしたが(^q^))に入場。500円のドリンクチケットを買い、チケットと水を交換し会場の中へ。
手すり部分がまだ空いていたのですが「体がもつうちはできるだけ前へ行っておこう!!」ということで
前から6列目くらい左手ポジションゲット。手すりの誘惑に打ち勝ちました(←…)。
開演まで一時間ある中(この時間って本当暇っすよねー(^q^))、流れていたBGMに耳を傾けたり、携帯触ったり
ツイッターで「すでに足腰痛いどうしよう」とか呟いてみたり。
いつの間にかステージ上ではスモークがたかれ始め、注意事項などのアナウンスが流れ18時。
照明が落ち、真偽贋作博覧会大阪公演の幕開けです。



バイオリンガイズ→殿→アリカ様の順に登場。
アリカ様の衣装は黒字に金色のレースのミニコルセットドレス(?)。
殿はジャケットを着ていてどんなジャケットなのかはよく見えませんでしたが、赤い花の小さめのコサージュ(?)と付けていたのが印象に残ってます。(多分ジャケ写でアリカ様が胸元に付けてるお花だと思う。…自信ないけどorz)

01.贋作師
02.真偽贋者遊覧会(ここでドラァグ二人登場)

‐MC‐
アリカ様「大阪のみなさんこんばんは、ALI PROJECTです」

場内:拍手

アリカ様「2年ぶりという久々のツアーですが、大阪には先月2回来ているので、とても身近な場所に感じています。昨日も私と殿と、ゆうくんの3人でツバメの巣を食べに行ったりしてました」

場内:笑

アリカ様「立ち見ということで、アリプロでスタンディングは辛いと思いますがどうぞ堪えてください」

場内:笑

アリカ様「今日は贋作師から全曲と他にも数曲やります。」
アリカ様「セットリストはアニサマの後に考えたのですが、そういうイベントの後は気持ちがハイになってしまって、その勢いでいつもは10数曲なのに今回は気づいたら20曲くらい選んでしまっていて…。そして後から「やっぱり減らしたい」と言ったら、もうだめだと言われて(笑)」


場内:笑

アリカ様「なのでいつもより長くなるかもしれませんが、楽しんでもらえたらと思います。」

場内:拍手

アリカ様「次は蓮華幽恋という花をテーマにした曲を歌います。いつもこういう曲を入れるのですが今回も片倉さんに作ってもらいました。最初の方に作ってもらったのですが、また刀とか出したいなー、とか思って(笑)
刀を花びらにたとえたりしたらどんな花がいいだろう、とか考えて、剣士の方に刀をそういう風に例えたりする物はあるのか、とわざわざ聞いたのですが、特にない、と言われて。じゃあ蓮が良いかな、今まで蓮は使ったことないし、と思ってたら使ってましたね、蓮(笑)」


場内:笑

アリカ様「この曲は、どんなに愛し合っていても永遠に続くことなど決してない。だから私は現世であなたを殺すけれども、来世あなたと会えた時には、どうぞあなたから私を殺してください、といったような、殺し愛の曲です」


アリカ様「これに続けて中華ホラーを一曲歌います。」

03.蓮華幽恋
04.北京LOVERS(LIVE Ver.)

‐MC‐
アリカ様「やっぱりこの曲(北京LOVERSの事だと思われ)は好きですね。かといってさすがに人を殺したりはしませんが(笑)」

場内:笑

アリカ様「でも、「コイツ本当に殺してやろうか」と思うときは無きにしも非ずですね(笑)」

場内:笑

アリカ様「人を殺そうっていう心理状態は、怒りにまかせてワーッといってしまうのではなく、本当に透明で純粋な気持ちだったりするのではないかと考えたりします。」

アリカ様「さて、次は凶夢伝染を歌います。この曲は東京だけでやった凶夢伝染カルナバルで歌って以来、イベントでもアリプロには欠かせない曲となりました」

アリカ様「この前のアニサマでも歌ったんですが、這って歌ったんですよ」


場内:笑

アリカ様「ステージに床が上がってくるところがあって、いつもはそこからすーっと上がってきて登場するのですが、今回は途中で止めてもらって本当にそこから這い出して歌って。でもこれ、機械で動かしているんじゃなくて手動なんです。下で人に支えてもらってるわけですよ(笑)」

場内:笑

アリカ様「それで前半全部歌いました(笑)だから支えてもらったスタッフから「筋肉ぷるぷるしてつらかったー」と言われて…。謝っておけばよかったー」

アリカ様「この中でアニサマ行かれた方っています?」


場内:数人手が挙がる

アリカ様「あれ、意外と少ない…」

場内:笑

アリカ様「でもまぁそうですよね、大阪から東京までわざわざアニオタの皆さんに混じってアリプロ聴くっていうのも…(笑)いつも申し訳ないなぁ、とは思うのですが。」

アリカ様「こういうイベントの時は、いつもどうやってアニオタのみなさんを驚かそうかわくわくしながら考えてます」


場内:笑

アリカ様「そう、そして這って歌うにあたって這って歌う練習をしなきゃならないわけですよ。でもこういう(床を指しながら)つるつるのところと、絨毯の上で這うのでは具合が違ってくるんですね。アニサマは絨毯なのですが、スタジオってどこもつるつるの床で。で、「どこで練習しよう?」ってなった時に「あ、私の住んでるマンションの廊下絨毯だから、ここで練習しよう」って閃いて(笑)」

場内:爆笑

アリカ様「長い廊下を、高い靴履いて這う練習をしてました。誰かが来て、足音が聞こえたときにはこう…、転んだフリをしたりして(笑)」
場内:爆笑

アリカ様「今日は這って歌うと見えなくなっちゃうと思うので普通に立って普通に歌います(笑)」

場内:笑

05.凶夢伝染 (ドラァグ4人登場)
06.亡國覚醒カタルシス
07.La vérité(ドラァグ退場。アリカ様座って歌う)

‐MC‐

アリカ様「凶夢伝染、亡國覚醒カタルシス、La véritéでした。」

アリカ様「この前の福岡で亡國は一人でさみしく振付やってましたが、やっぱりドラァグが4人揃うと良いですね」

アリカ様「La véritéはフランス語で『真実』という意味です。おしゃれで軽快な曲なので、今どきのJ-POPみたいに「あなたが好き」とか「会いたい会いたい会いたい」とかいう風に歌ってみようかな、とか思いましたが、そういうわけにもいきませんでした(笑)」


場内:笑

アリカ様「20代の女の子が、そういうのを書いて、歌って、皆で歌いたいっていうのは分からないでもないんですよ。そういう時期ってありますし。でも、いい大人が「素直な君が好き」とか言うのってどーよ?と思うところはあります」

アリカ様「あんまり人の悪口言ってると自分に返ってきちゃうんでしょうけど、私は全然へいきー


場内:笑

アリカ様「そう、私がなんでツイッターやらないのかというと、常に怒っているからです」

場内:笑

アリカ様「大阪の人は、いつも何かに対して怒っているっていうのを聞くんだけどほんと?もっと怒ってもいいと思うんですよ」

場内:笑

アリカ様「私なんて朝から怒ってますからねー。もしツイッターなんてやってたら、そういう「あなたが好き」とか「会いたい会いたい会いたい」とかいうのに対して、くだらないとか、バカみたい、とかそんなことばかり呟きそうなのでやらないです。見てる人もそんなの面白くもないでしょうし、周りの人にもやめとけと言われそうだし(笑)」

アリカ様「だからそういう怒りは一人部屋の中で叫んでます」


場内:笑

アリカ様「次は真夏の憂愁夫人という曲を。バラード、ではないけれど、静かで落ち着いた曲です。」

アリカ様「真夏の蝉時雨の坂の中、少年とその母親が逃げていくというような曲です。…決して夜逃げの曲とかではなく(笑)」


場内:笑

アリカ様「お母さんは訳ありの人で、少年は大人になった時、お母さんと似た訳ありの女の人を好きになります。そういう訳ありの女の人に育てられた少年はどんな風に育つんだろう、という感じに考えました」

アリカ様「続けて逝ける王女の肖像画を。贋作師のジャケットはベラスケスのマルガリータ王女の肖像画から来ているのですが、そのことについて考えて作りました」

アリカ様「私の父は画家なので、私も肖像画を描いてもらったことがあります。
肖像画というのはすごくゴージャスな服を着て描いてもらえるものだと思っていてわくわくしていたのですが、別に普通な感じでがっかりしたのを覚えています」


場内:笑

アリカ様「で、モデルとなる時にもちろんポーズをとらなくてはならなくて、1時間かそこらじっとしてないとならないんですね。ちょっと動くと怒られたりして。」

アリカ様「当時私は若くて、まだ10代とかだったのですが、マルガリータはそれをもっと幼い頃にこなしていたんだな、とか彼女は二十歳ととても若く亡くなっているのですが、王女という立場上狭い世界にいて、そして二十歳になった時にその肖像画を見て、一体どんな気持ちだったんだろう、とか色々考えました」


08.真夏の憂愁夫人
09.逝ける王女の肖像画(歌い終わるとアリカ様一旦退場)
10.Arabesque Romanesque
11.ALICE同罪イノセント
(ピンクと白のドレス(ゴスロリバイブル44に載ってるのと多分一緒)に衣装替えしてアリカ様再登場。)

12.聖少女領域

‐MC‐
アリカ様「(きょろきょろと舞台袖の方をみながら)聖少女領域でドラァグ出てくると思って待ってたんですが、出てこないんですね…(苦笑)」

場内:笑

アリカ様「ALICE同罪イノセントと聖少女領域でした」

アリカ様「ALICE同罪イノセントは「またローゼンくるよね」と思いそれ用に作ったのですが「来るよねあるよね来ないかな来ないね」ってなったのでここで出すことにしました(笑)」


場内:笑

アリカ様「なのでまだその(ローゼンの)名残が歌詞にありますね」

アリカ様「聖少女領域、こういうちゃんとしたツアーのライブで歌うのは久しぶりですね。イベントではよく歌うので、ついそのノリになっちゃいます」

アリカ様「ではここでメンバー紹介を」


ここでドラァグの4人が衣装替えをして再登場。
リンゴさん、インガさん、ららみぃさん、おりぃぶぅさんの順でドラァグの紹介。

アリカ様「次はバイオリンガイズ、渡辺剛ー」

渡辺さん、ここでなんかすごい変な動きをして会場に投げキッス(笑)

アリカ様「なにつよちゃん、今のすっごいかわいい!」

渡辺さん、ちょっと照れた感じで笑ってました(笑)

アリカ様「バイオリン、杉野裕ー」

杉野さん、渡辺さんの変な動き→投げキッスのモノマネ(笑)

アリカ様「キーボード、片倉三起也ー」

殿もここで投げキッス(´Д`*)

アリカ様「先生、ジャケットかっこいいですねー」

場内:笑

アリカ様「そして私、宝野アリカです」

場内:拍手

アリカ様「ではここからは贋作師から一曲と、普段あまりやらないような曲を」

13.野性双生児
14.地獄の季節
15.お毒味LADY(アリカ様とドラァグの4人がグッズのピンク鏡を持ちながらの演奏。演奏終了後ドラァグは退場)

‐MC‐
アリカ様「(手元の鏡を見ながら)この鏡はピンクでかわいいですよね。」

アリカ様「もうピンクの衣装は着たいと思わないのですが、この衣装(白ピンクドレス)は気に入っているので着てしまいました」


アリカ様「あ、そうそう、またアニサマの話になってしまうんですが、ピアニィ・ピンクを歌ったんですよ。でもそれが凶夢伝染の後で、下のスカートだけ取って歌ったんですが、もうなんか血まみれのブルマみたいな感じになってしまって(笑)」

場内:笑

アリカ様「着替える時間があると良かったのですが無かったので…。この時は「アニオタのみなさん、今日だけは私を永遠の17歳と見て聴いてください」と思いながら歌ってました(笑)」


場内:笑

アリカ様「アリプロでは盛り上がる曲が少ないのですが、次はその数少ない盛り上がる曲をやろうと思います」

16.未來のイヴ(ドラァグの4人登場)
17.暗黒サイケデリック

暗黒サイケデリックが終わると全員退場。アンコールの拍手が響き渡ります。
しばらくして正面から見て左舞台袖からバイオリンガイズが登場!場内大喝采!!
…かと思いきや二人とも右舞台袖へ走り去り場内爆笑。
そして殿の登場。

殿「着替え中なので、またおしゃべりをしなければなりません…」

場内:笑

殿「みんな元気?」

場内:元気ー!!やらミッキーコールやらで賑わう

殿、舞台袖に向かってバイオリンガイズにおいでのジェスチャー

殿「この中でツイッターをやっているのはゆう君だけで、熊本でもやったんだけど、会場を撮影してツイッターにあげてるようなのでご協力ください」

場内:拍手

まずは渡辺さんが客席をバックに撮影杉野さんがiPhoneで撮影。

撮影の際に、殿の煽りで
殿「つーよーし!」
場内「つーよーし!!」
殿「つーよーぽん!」
場内「つーよーぽん!!」
殿「ぽん!」
場内「ぽん!!」

というようなコールがありました(笑)

続いて杉野さんが客席をバックに撮影するときも殿の煽りで
殿「ゆうくん!」
場内「ゆうくん!!」
殿「スーギーちゃん!」
場内「スーギーちゃん!!」
殿「ゆうぽん!」
場内「ゆうぽん!!」

というコールもw

撮影会が終わってもアリカ様が出てくる様子がなく

殿「(袖の方を見ながら)…まだかな…」

場内:笑

袖の方を見ている殿をバイオリンガイズはiPhoneで撮影。気づく様子のない殿に場内は(笑)
それに殿が気づきカメラを向けられていることに気付くとノリノリでピースv(^o^≡^o^)v
それでも出てこないアリカ様。

殿「なにか(多分客席に対してだと思う)質問とかない?」
と杉野さんにマイクを振るが杉野さん拒否。

殿「じゃあ、たまには…。(ふと舞台袖をみて)あ、OK?」

と一度マイクを置くも、場内は「たまにはー!?」「気になるー!!」のコール。

殿、再びマイクを手に取り

殿「いや、たまにはね、皆に「愛してる」ということを心から伝えようと思って」

場内:大盛り上がり(笑)

ここでアリカ様、真っ赤なドレスに身を包み再登場。
お毒味LADYっで使って、後ろに置いてあったと思われるグッズの鏡を手にし髪を整えるアリカ様。

アリカ様「もう、急かすから…」

場内:笑

アリカ様「(殿に向かって)それとさっき、熊本とか言ってなかった?」

殿、言ってたっけ?という表情。そしてごめんのジェスチャー。

アリカ様「福岡でしょ」

ものすごく冷静に言ったものだから場内(笑)

アリカ様「では次は天譴と超克」

‐Encore‐

18.天譴と超克
19.RED WALTZ

‐MC‐
アリカ様「これで贋作師からはすべて終わりました。贋作師の中から数曲は園遊会で歌い、福岡でもう全部歌っているので、今日でほとんどの曲が2回目となりますが、まだ歌いなれていない曲は楽しいですね。飽きてないから(笑)」

場内:笑



アリカ様:「では最後に、もう飽きるほど歌ってますが大好きな曲を。ドラァグ出てきてくださいー」

ドラァグの4人、グッズのパラソルを持って再び登場。

アリカ様「あ、わざとらしく傘持ってる(笑)」

場内:笑

20.愛と誠

アリカ様「どうもありがとう」

アリカ様退場。ドラァグの方々はしばらくお互いをパラソルでバシバシたたき合ってから退場(笑)

こうして真偽贋作博覧会大阪公演は大盛況で幕を閉じました。



毎回恒例、お花のコーナー。



博覧会花①



博覧会花②



きれいっすなー。


戦利品。

IMG_0258.jpg


パンフレット、クリアファイル、ポスター、タオル、バッグを購入。いつもより少なめ。
あ、タオルは写し忘れです(^q^;)


以上、真偽贋作博覧会大阪公演レポでした!読んでくれてた方いらっしゃったらお疲れ様です(^o^≡^o^)
もうなんかMC部分が本当曖昧で…(白目)
天譴と超克に入る前なんかもっと喋ってた気がするんだけどすこーんと抜けてまして(↑q↑)
でも読んでくださってくれた方に、少しでも会場の雰囲気が伝わっていたら嬉しいなと思います。以上!!





オマケ
気になって仕方ない

衣装替えした後のりんごさんがこんな感じの衣装(超うろ覚え)だったのですが
頭についてる物体がなぜか妙に目について、途中、一瞬歌に集中できなくなるほどもう気になって仕方なかったのですが…なんでだろう(知るか)
そしてあれは一体なんだったんだろう…どうやって頭に付けてたんだろう…。
考えれば考えるほど、なぞは深まるばかり(←…)

※絵の人は決してりんごさんではなく、ただのイメージですすいません。
体描けないのをごまかしてるの丸わかりの落書きで情けない(↑o↑≡↑o↑)

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 蟻と蝶が出逢うとき all rights reserved.

FC2カウンター

プロフィール

水嵐 蒔織

Author:水嵐 蒔織
ALI PROJECTが大好きで梅干しの生産量日本一の県に住む学生が、おもにALI PROJECTとなんてない自身の日常についてつらつら綴るブログ。
マンガ・アニメが好き。読書も好き。寝るのも好き。
イラスト描くのも好きなので、ちらほら上げたりする。かも。

◆過去アリプロライヴ・イベント参戦歴◆
2006年 
●月光ソワレⅣ♪

2007年 
●暗黒サイケデリックTOUR 大阪公演♪
●アニメイト主催Psychedelic Insanity発売記念イベント大阪会場♪
●月光ソワレⅤ♪

2008年 
●TOUR2008「禁書発禁」大阪公演♪ 
●アニメイト主催禁書発売記念イベント 大阪会場

2009年
●TOUR2009 Poison~毒を食らわば皿まで~ 大阪会場♪

2010年
●アニメイト主催 Gothic Opera発売記念イベント大阪会場♪
●TOUR2010 汎新日本主義 神戸公演

2011年
●アニメイト主催 Les Papillons発売記念イベント大阪会場

2012年
●AnotherアニメOP発売記念ライブ 凶夢伝染カルナバル♪
●勇侠園遊会 其ノ二Matinee 大阪会場
●宝野アリカ握手会 Innocent World本店
●アニメイト主催 贋作師発売記念イベント(トーク&握手会)
●TOUR 2012 真偽贋作博覧会 大阪公演♪

2013年
●令嬢薔薇図鑑発売記念 トーク&握手イベント アニメイト大阪日本橋会場
●TOUR 2013『令嬢薔薇図鑑』顧客閲覧会 大阪公演

♪付きの公演は当ブログにレポートありの公演です。

ツイッター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。